Applibot

企画の力で世界を震撼させる
アプリボットの企画チーム

Article

28歳でアプリボット最年少執行役員に。
成果を出し続けるために徹底していることとは

執行役員、「NieR Re[in]carnation」プロデューサー/ディレクター、企画ボードの責任者など様々な肩書きを持つ松川。若くしてアプリボットのキーマンとなっている松川に、仕事への向き合い方、チームづくりで意識していること、今後の展望などについてききました。

松川 大地(Daichi Matsukawa)
2015年サイバーエージェント入社、アメーバゲーム事業本部にて新規ゲームプランナー、運用タイトルプランナー、マーケティング、データマイニングを担当。2016年クオリアーツに異動し、運用タイトルのディレクター、プロデューサーとして携わる。2017年アプリボットに異動、「NieR Re[in]carnation」のプロデューサー/ディレクターとして従事。2019年10月よりアプリボットの執行役員に就任。

MORE MORE

新規開発メンバーに聞いてみた!
~開発の面白さやキャリアについて~

アプリボットには、様々なキャリアを持ったメンバーがいます。今回は、新規開発プロジェクトで活躍するメンバーたちがどのようなキャリアを経て、現在どのような業務に携わっているのか、また新規開発の魅力などについて聞きました。

木野内信哉(Shinya Kinouchi)
菅原涼介(Ryosuke Sugawara)
富田純(Jun Tomita)
成田浩樹(Hiroki Narita)

MORE MORE

現場社員に聞いてみた! 
~アプリボットで運用タイトルに携わる魅力とは?~

アプリボット企画職メンバーの紹介コンテンツ第二弾として、今回は弊社の運用タイトルで活躍する社員へのインタビューを実施しました。各プロジェクトで活躍するメンバーたちがどのようなキャリアを経て、現在どのような業務に携わっているのか、またアプリボットで運用タイトルに携わる魅力などについて聞きました。

大浦亮(Ryo Oura)
松浦兼太郎(Kentaro Matsuura)
坂下拓也(Takuya Sakashita)

MORE MORE
Entry now 今すぐエントリー